東京23区で実績豊富な防水工事業者をランキング形式でご紹介!

東京23区で実績豊富な防水工事業者をランキング形式でご紹介!

東京23区の実績豊富な防水工事業者ランキング » 防水工事の基礎知識 » 見積もりのチェックポイント

見積もりのチェックポイント

防水工事を依頼する会社選びで間違わないために、見積書のチェックポイントをご紹介します。業者に見積書の作成を依頼する時の注意点もあるのでしっかりチェックして、後悔しない施工会社選びを行ないましょう。

防水工事を見積もる時の注目ポイント

防水工事の見積もりを施工会社にお願いすると、見積書を作成してくれます。費用だけを比較して1番安い会社を選ぶと、トラブルの原因になる可能性も。見積書に最低限記載されていないといけない内容を説明します。

工法

施工箇所や建物の種類によって工法はある程度決まってきます。業者によって工法が異なるようであれば、記載されている工法を選んだ理由を確認してみましょう。工法によって施工金額や得られるメリットが変わってきます。

工法を選べる場合は工法毎の見積書を作成してもらい、それぞれのメリットについて業者に確認してから比較するのがおすすめです。

1平方メートルあたりの単価

単価が表示されていないようであれば、事前調査で施工範囲が測定されていない証拠です。入念な調査が行われておらず、水漏れの原因さえ把握できていないことも考えられます。

作業員の人数と工事期間

作業員の数と工事期間は防水工事の範囲や工法、現場の状況によって変わるため、目安となる数字を出すことはできません。しかし、人件費は金額が大きく最も重要な項目です。複数の見積書と照らし合わせて大きな相違がないか確認するようにしましょう。

見積もり時の注意ポイント

分からないことは必ず質問する

見積書に「一式」と記載されるだけで、具体的な数量や内容が掲載されていない場合があります。正確に見積もりすることなく、あいまいな表現で金額をごまかしている可能性も。不明な点は必ず業者に確認しておきましょう。

見積もりを依頼し過ぎてもダメ

詳しい見積もりが欲しいからと言って、必要以上に多くの業者へ見積もりを依頼したり、細かい注文を出し過ぎたりするのはNGです。厄介な客と思われ、作業自体を断られてしまうこともあります。

防水工事では、実際に工事に取りかかってみないと判断できない部分はたくさんあります。業者は施工する作業範囲の状態を予測し見積もりを出しているのです。たくさんの業者から相見積もりを取って「こっちの業者の方が安かったからもっと安くして」と言っても金額は下がらないでしょう。

数社に絞って見積もりを依頼する

防水工事の実績が高く、信頼できる会社を2~3社選んで見積もりを依頼するのがベスト。経験年数が多い・施工事例がたくさんある・評判を聞いたことがある業者で絞り込むと、良い業者と出会いやすいでしょう。

見積書を見て費用について気になることがあれば、ささいな内容でも質問してください。はぐらかさず丁寧に答えてくれる業者こそがベストパートナーです。

実績の高い施工業者TOP3
エヌ・アール・エヌ

実績

227件/年

実績の多いエリア

台東区、荒川区、足立区、豊島区、文京区、北区、板橋区、練馬区

保有資格

  • 一級建築士
  • 一級建築施工管理技士
  • 二級建築施工管理技士

保証期間

10年

信工業

実績

190件/年

実績の多いエリア

江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区

保有資格

公式サイトに記載なし

保証期間

公式サイトに記載なし

KST

実績

180件/年

実績の多いエリア

世田谷区、中野区、杉並区

保有資格

  • 一級防水施工技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者

保証期間

公式サイトに記載なし